どうして狩猟をするのか?

とか、生き物を殺すなんてかわいそう。

とか未だに聞かれる事があります。

 f:id:nativehunter:20170821124047j:image

 

先の質問に対しては、どうして狼は狩をするのか?と逆に問いかける事にしています。

生きていくため。と、そういう風(捕食者)に自然が作ったから。としか答えようがないですね。

人間でも、DNAにより、狩猟系、遊牧系、農耕系の大きく3パターンくらいの属性があると思います。

自分の場合は疑いようもなく、生粋の狩猟系です。

要は、自分の生き方、属性を他人に押し付けても無駄である。というところでしょう。あまりしつこいと戦争になります。

狼が鹿に「俺と同じように狩をして生きろよ」と押し付けても無理があるし、鹿が狼に、「俺と同じように、草を食べて生きろよ。」と言ったところで、構造上どうにもならんのです。

また、大きな視点で見た場合、狼だけなら、すぐに獲物を食べ尽くし、飢えて死んでしまいます。鹿だけなら繁殖し過ぎて、草を食べ尽くし、これもまた飢えて死んでしまいます。さらに山の植生はボロボロになります。

自然界では適当なバランスを保ちながら、お互いが共存しているという事を忘れてはダメですね。

自分と違う存在を否定しても無意味です。

また、自然界のバランスを考えてる猟師が住んでいれば、その地域の獣害問題は解決します。彼は実に良く山を知っていて、増え過ぎたと思う獲物を適度に狩り、減ったな。と思う獲物はそっとしておきます。

じゃあ狼放せば?という人もいますが、

山村や田舎在住の人からしたら、たまったもんではないでしょう。

まず、子供や老人喰われますね。山菜採りも釣りもハイキングも恐怖です。

その放した狼が自然繁殖して、収拾つかなくなったら、毒餌を撒くか、猟師に駆除してくれとか言い出すしかないでしょう。(まあ、自分の家の近くには放さないか。)

生態系を守りたいなら、現状分別のある人間の猟師が一番です。

 

次は殺すなんて残酷、かわいそう理論。

これに対しては、昔、同級生から同じ事を言われ、こう答えてました。

「肉を食べた事ないの?」

「食べたとするなら、誰が殺した肉なのか?」

知らない。業者??

「自分は誰が殺したか知りもしない肉を食べておいて、自分で獲ってる狩猟民に対してかわいそうも残酷もないだろう。」

???

「他人に殺させておいて、自分の手は汚れてません。私は殺してません。結果として殺させた事にすら気付いてないんだったら、卑怯だし、そういうのが残酷なんじゃないの??」

「俺は、自分の手を血に染めて食べ物を得ているのだから、どれだけ潔いか

考えてみたら?」

「非難するなら、食べ物を生き物として認識できない、現代社会の構造とそれに気づきもしないで、暴食してる人達じゃない?」

彼は、しばらく考えて、「俺も狩をする」と言ってましたね。

 

他者の命を奪って生きる。(動物であれ、植物であれ)というのは、動物の本質です。

無駄な殺生をしない。という事はもちろんですが、チキンナゲット食いながら、野鳥の保護を訴えるような思考パターンの人は、猟師につっかかる前に、少し自分の事を考えてみる必要があるでしょう。

 

 

 

 

 

 

 

ポルチーニ

今年も出ました。ポルチーニ

和名はススケヤマドリタケモドキf:id:nativehunter:20170804122411j:image

毎年楽しみにしてるキノコで、味は極上です。^_^

知ってる人が少ない為、採取される事もなくお得。

似てる?(僕からすれば全く似てないですが)

毒ヤマドリは傷付けると直ぐ変色する為、分かりやすいですね。

裏がスポンジ状のイグチ類は、見分けやすく、毒があるのは毒ヤマ一種ですので、比較的覚え易いでしょう。

 

ガンストッククラブ作り

f:id:nativehunter:20170629150902j:image

先日イノシシを叩いたら、これまで使用していた武器が折れたため、また作ります。

ガンストッククラブと呼ばれるネイティヴアメリカンの伝統的なクラブ(棍棒)

銃床型の棍棒に金属スパイクを取り付けた非常に強力なアイテム。

山でちょうど良く曲がった木材を採集。f:id:nativehunter:20170629151217j:imagef:id:nativehunter:20170629151246j:image

チェンソーで縦割りします。

おまけで、こぶつき棍棒も同じ木から取れました。

f:id:nativehunter:20170629151350j:image

折れた以前の棍棒から型を取りカット。

もう少し大型にしときましょう。

f:id:nativehunter:20170629151446j:imagef:id:nativehunter:20170629151501j:image

完成予想図。

この後、しばらく乾燥させ、左の写真のようにスパイクを取り付けます。

打撃と刺突ダメージを両方与えられ、イノシシ狩りに最適の棍棒です。

リカーブボウ

作製した弓矢にリカーブ(逆反り)をかける方法です。

f:id:nativehunter:20170613095043j:image

大鍋で弓矢を煮て、ベンダー曲げ矯正器にロープで縛ります。

乾燥したらOK。

弦を張ると美しいリカーブボウになります。

f:id:nativehunter:20170613095054j:image

こうする事により、木の弾力を最大限に活かした、強力な弓矢となります。

石器ナイフ作製

実用的な石器ナイフを作製しました。

f:id:nativehunter:20170613094404j:imagef:id:nativehunter:20170613094415j:imagef:id:nativehunter:20170613094426j:image

切れ味は相当なものです。鹿の解体には充分使えます。

難点としては、やはり脆いので骨などに当てると欠けてしまいますから、使用には慎重さが必要です。

肉や魚など柔らかい素材のみに使用していれば、切れ味も鈍らず、しばらく使えますよ。

射撃

f:id:nativehunter:20170526154422j:image

猟友会の射撃行きました。
50m5発です。
スコープ100mに合わせてるので、最初の一発は1ど真ん中狙い7-8cm程上に着弾。少し右にずれてました。
修正して4発。
3発は真ん中、最後は少し手元がブレて左寄りましたね。ミスショットは無視なので、50mで1円は撃ち抜けそうです。

ハンティングナイフ

f:id:nativehunter:20170524153124j:image

 

こないだ鍛造したブレードにハンドルを取り付け、ハンティングナイフになりました。

どちらも知り合いのバリバリ猟師からの依頼です。

鹿角(スタッグ)と手間のかかるレザーワッシャーハンドルです。

僕の狩猟ノウハウが詰まった設計です。